ソーシャルレンディングの指南書

総合ランキング

株式会社ブルーウォールジャパン
総合評価★★★★★
マネオ
総合評価★★★★☆
オーナーズブック
総合評価★★★★☆

トップ > ソーシャルレンディングの投資会社情報 > ソーシャルレンディングのリスクを頭に入れて

ソーシャルレンディングのリスクを頭に入れて

近年話題のソーシャルレンディングは、多くのリターンを得やすい投資手法として知られています。
しかし、もし本気で挑戦するのであれば、きちんとリスクについても知っておきましょう。
貸し倒れがよく知られていますが、実はそれ以外にもリスクはあります。
投資家にとって無視できないリスクと言えば、「投資先についての詳しい情報を得られない」ということです。
ソーシャルレンディングは、匿名でお金を貸し借りする仕組みとなっています。
投資家たちは、自分が参加したい案件の内容をぼんやりと知ることはできるものの、具体的に誰に対してお金を貸すのか、知ることは不可能です。
どれぐらい信用できる相手なのか、見極めることも難しいでしょう。
だからこそ、実際に挑戦する際には、「どこの会社のサービスを利用して、ソーシャルレンディングに挑戦するのか」という点が非常に重要になってきます。
よく見極めるのがお勧めです。



途中解約もソーシャルレンディングのリスク

ソーシャルレンディングには、いくつかのリスクがあると言われています。
まずは、自分でお金を貸す相手を選択できないということです。
さらに貸したお金が必ず返ってくるという保証もありません。
これまでに貸し倒れ案件はあまり報告されていませんが、今後も同じとは限らないので注意する必要があります。
さらに、投資家にとってはより現実的なリスクもあります。
それは、一度投資を実行したら、原則として途中解約ができないということです。
多くの投資では、「もしも急に現金が必要になった場合、現金に戻すための方法」が用意されています。
タイミングによっては、損をすることも得をすることもあるでしょう。
しかし自分が納得した上で、今後の流れを決定することができます。
しかしソーシャルレンディングの場合には、一度化したお金は、「返済されるまで待つ」しか方法がありません。
余剰資金で行うことが大切です。



ソーシャルレンディングとリスク管理

資産運用などの投資の場合にはリスク管理が非常に重要でリスク管理さえうまくできていれば、損失が出てもトータルで収益を確保しやすくなります。
分散投資やv長期投資なども利用しながら投資を進めていくことができます。
今の時代は金利が非常に低いので、投資の主流であった定期預金などでお金を増やすことができなくなっています。
それでリスクをとっても収益を得ようということで、定期預金など以外の投資方法を模索します。
その中にソーシャルレンディングも含まれます。
定期預金などに比べても金利が高いのですが、それはそのまま損失も計算に入れて投資をすべき投資方法ということになります。
収益だけできるのであれば、これほどうまい話はないのですが、そうではないので、ソーシャルレンディングの基本的な知識などをよく理解して投資を考える必要があります。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP